kidoOooOoooOOom

ゲーム開発やってます

創造性と自分自身との間に安全な距離を保って精神を守る

社内向けの2時間プレゼンがまだ今週と来週で1本ずつあり、この1ヶ月はプレゼンのスライド作りに多くの労力を費やした。

2時間はかなり長いので、こまめに休憩・質問タイムは入れつつも、スライド自体もなるべく興味が湧くような内容にしたい。

文字は少なめにして画像を中心にし、比喩も結構使うようにしてみたけれど、こういうくだけた内容のスライドを作ると「滑るんじゃないか、しらけるんじゃないか」という不安がつきまとってくる。

そんなとき、Twitterでもつぶやいたこの動画を見て、少し不安が和らいだ。

Your elusive creative genius

このTED動画で話しているElizabeth Gilbert さんは作家で、大ヒット作を出した後の次回作への期待に押しつぶされそうになったと言っている。

作家のようなクリエイティブな仕事は、批判に多くさらされる恐怖や、売れないんじゃないかという不安がつきまとい、精神にダメージを受けやすいという世間一般のイメージがある。

そしてそのイメージ通り、精神にダメージを受けて抑うつになったり自殺をする作家も歴史上見られるし、世間的にもそれで仕方ないとも思われがちである。

しかし、Gilbertさんは今後も作家として書き続けるために、

  • 心理的に守られるようになるべき

  • 作品と自分との間に安全な距離を保てるようになるべき

だと考えていて、確かにそうあるべきだなぁと自分も共感した。

ここで、古代ギリシャとローマの話からヒントを得たとGilbertさんは話している。

geniusの語源

これもTwitterに書いてみた。

昔は、人間と創造性は切り離されて考えられており、気まぐれな精霊が降りてきたときに創造性が与えられると信じられてきた。

この考え方を今に取り戻してみればいいじゃないとGilbertさんは話しており、次に出す自分の作品が売れなくても、

「私一人の責任じゃないわよね?」

「できるだけのことはやったわよ!」

と、壁の方にいるかもしれない気まぐれな創造の精霊に語りかけることで、安全な距離を保つようになっているとのこと。

自分自身を責めないというのは、セルフコンパッションの考え方と同じだと思った。

kidooom.hatenadiary.jp

まとめ

ゲーム開発もクリエイティブな仕事なので、この考え方は適用できると思う。

同じゲームクリエイターや開発チームが作るゲームが毎回大ヒットすることを期待されてしまうと、ゲーム開発者の精神がどんどん病んでしまう。

先日読んだ「ORIGINALS」にも書いていたけど、創造性があると言われている偉大な人たちは最も多く失敗してきた人たちだった という話がとても勇気づけられる。

どの分野を見ても 独創的で最も偉大な人たちは 最も多く失敗している人たちです。

彼らは誰よりも多く挑戦するからです。

バッハ、ベートーベン、モーツァルトという クラシック音楽を代表する3人でさえ ものすごい数の楽曲を作って ようやく 数少ない傑作に たどり着いたのです。

f:id:gidooom:20190818094124p:plain

kidooom.hatenadiary.jp

というわけでゴミでもどんどん作っていこう。

ネガティブフィードバックを受け止められるマインドセットを鍛えたい

先日、社内のイベントで2時間の講座をやったという記事を書いた。

kidooom.hatenadiary.jp

終わった後は結構燃え尽きていて、自分が話している講義動画とかアンケート結果を観るのを避けていたんだけど、夏休みを経てリフレッシュできたので覚悟決めて講演動画とアンケート結果を見てみた。

自分が講演している動画を見た感想は予想通り、「全然自分が思っているような声や話し方じゃないな」で少しショックを受けた。

めっちゃ声低いし、なんかまったりしている感じもした・・・。

でも、これによって次の講座のときはもっとテンション高めにしたほうが良いなという改善点が見つかったので、ある意味良いフィードバックになった。

またアンケート結果については、概ね好印象ながらも、「もっとこうしたほうが良かったんじゃないですか?」的なコメントがあり、それを読んで自分の心の中に防衛的な反応が出てきたのを感じた

こういうとき、一瞬自分が「硬直マインドセット」に陥っちゃてるなと思ったので、硬直マインドセットにならないためにもマインドセットについてメモっておく。

マインドセットとは

スタンフォード大学発達心理学の研究をしているキャロル・S・ドゥエック教授が書いた本 「マインドセット「やればできる! 」の研究」 に詳しく書かれている考え方で、人間の思考は「硬直マインドセット」か「成長マインドセット」の2つにざっくり分けて考えられる

yuchrszk.blogspot.com

硬直マインドセットと成長マインドセット

2つのマインドセットの特徴を、ざっくり表にまとめると

硬直マインドセット 成長マインドセット
自分の能力や才能は固定的で変わらないと信じている 人間の基本的資質は努力次第で伸ばすことができると信じている
自分が賢そうに見えるだろうか、馬鹿に思われないだろうか、認めてもらえるだろうかを気にし、失敗を恐れる 結果がどうなろうとも、いま力を注いでることそれ自体に意義を見出すことができ、失敗を恐れない
しくじってはならないという切迫感にいつも駆られており、成功すると誇らしさが優越感にまで膨れ上がる。なぜなら成功するのは、固定的な能力が人よりも優れている証拠だと信じているから 持って生まれた才能、適性、興味、気質は一人ひとり異なるが、努力と経験を重ねることで、誰でもみな大きく伸びていけると信じている
ただ自分の自尊心を満たしてくれる相手を求める(ドヤれる相手) ぶつかりあう中で自分を成長させてくれる友人やパートナーを求める
自分の能力を繰り返し証明せずにはいられないため、うまくできるとわかっていることばかり繰り返す 自分が成長することに関心を向けているため、新しいことや難しいことにも挑戦する
嫌なことや失敗をしたときに、自分はもう駄目、どうにもならないと思ってしまう 嫌なことや失敗に対しても落ち込むことがあるが、自分がダメと決めつけずに回復する
都合のいい結果ばかりに目を向け、都合の悪いことには理由をつけて無視するため、自分の業績や能力に見当違いな評価を下しがち 不本意であっても現時点の自分の能力をありのままに受け入れることができるため、自分の能力や業績に正確な判断を下す
努力を忌まわしく思う。なぜなら、頭が良くて才能があれば、そもそも努力をする必要がないから 努力こそが人を賢く、有能にしてくれると思っている

このマインドセットは常にどっちかになっているわけではなく、その時の状況や気分、取り組んでいる内容に応じて変化するし、人を変われるという信念があれば成長マインドセットに近づくことができる

まとめ

ネガティブなフィードバックを避けようとしたときは自分が硬直マインドセットに陥ってる可能性があるので、そこに気づいていつでも成長マインドセットにチェンジしていけるようにしたいなぁと改めて思った。

夏休みの1週間で行ったところと読んだ本

夏休みで1週間休暇を取らせてもらい、自分と妻の実家に帰省してきた。

この一週間の間に行った印象的なスポットと、読んだ本を簡単に記録しておく。

印象的なスポット

愛媛県美術館

実家が愛媛なので、美術館でやっていた期間限定の企画展に行ってきた。

f:id:gidooom:20190815114559p:plain

f:id:gidooom:20190815114630p:plain

展示物にVRやARの技術をふんだんに使っていて、子供がめちゃくちゃ楽しんでいたし、大人も結構楽しめた。

コスパ非常に良かった。

www.ehime-art.jp

レゴランド名古屋

実家とは関係ないけど、名古屋で1泊してレゴランドに行ってみた。

子供は楽しんでたけれど、大人的には普通の遊園地な感じ。

入場料がかなり高いので、ディズニーランドとかと比べてしまうとコストパフォーマンスで負けちゃうかなぁと思った。

機械トラブルや、従業員対応の悪さとかに遭遇したのがマイナス印象になってしまったかも。

www.legoland.jp

トヨタ産業技術記念館

入場料大人500円・子供無料で、レゴランドと比べて20分の1ぐらいの値段だけどめちゃくちゃ楽しめた。

非常にコスパ良いスポットだったと思う。

車製造技術に関する歴史や実演だけでなく、トヨタが自動車業界に参入する前にやっていた紡績業についても詳しい情報があり勉強にもなった。

子供の世話で十分回れなかったので、また2回目も来てみたい場所だなぁと思った。

www.tcmit.org

読んだ本

一週間休んで感じたこと

仕事から距離をおいたことで、「別に自分がいなくても会社ってまわるよなぁ」と自分をいつでも殺せるような感覚になっていた

色々本を読んで勉強したことで、今までの自分も破壊されて変化していく感覚もある。

こんな感じ。

勉強によってどんどん知識がリンクしていく感じが楽しいし、人生の攻略にもなっていると思うのでこれからも続けていく。

英語多読のために見始めたコンテンツ

先日書いた英語多読として、最近は以下のようなコンテンツを触りだした。

 

kidooom.hatenadiary.jp

 

 

英語を学ぶという意識ではなく、何となく英語のコンテンツを使って楽しむという感覚なので、そんなに辛い感じがなくて続けられている。

 

そのうち、全編英語のインディーズゲームもこのリストの中に入れていこう。

うんこドリルで小1の息子が勉強にハマっている

小学1年生の息子に「うんこ夏休みドリル」を買って見せてみたら、とても気に入って1日でドリルの半分を消化するペースで勉強にハマってくれた。

うんこドリルとは

とにかく教材のあちこちに「うんこ」が登場してきて、ふざけている。

例えば、

5人の先生がいます。

そのうち、3人がうんこをしにトイレに行きました。

残りは何人でしょうか?

といった感じで、ほぼ全ての問題がうんこに関連している。

このふざけた感じが問題を面白くしており、今まで「苦しい印象」だった勉強を「楽しい印象」に変えてくれている

楽しいということ

色んなパターンでふざけてくれるので、大人の自分でも「次はどんな問題が出るんだろう?」と楽しい気持ちになるのが分かる。

楽しく勉強の数をこなすという意味では、先日読んだ英語多読にも通じるものがあり、量が質に転換する成果にも繋がりそう。

kidooom.hatenadiary.jp

勉強の習慣化

うんこドリルで勉強をすること自体への抵抗感が減ったため、「うんこドリル以外の勉強教材」にも手を出して勉強をするようになっている。

ベネッセの考える力を毎月購読していて遅いペースでやってはいたけど、うんこドリル効果でベネッセの教材を消化するペースも早くなっている。

これはつまり、勉強することが習慣化してきて脳が慣れてきてるのかなぁと考えられる。

kidooom.hatenadiary.jp

というわけで、お子様(特に男の子?)を持つ親にはうんこドリルシリーズおすすめ。大人も見てて面白い。

人前で発表する機会があったのでセルフコンパッションを試してみた

先日社内のイベントで、約40人の前で2時間のプレゼン(ビデオ撮影もあり)をする機会があり、かなり緊張をしていたのでセルフコンパッションを意識しながら挑んだ。

セルフコンパッションは、この本に書いてある内容を参考にした。

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー 2019年 5 月号 [雑誌] (セルフ・コンパッション)

セルフコンパッションとは

日本語に直訳すると「自分への思いやり」

仕事などで挫折を感じた時、自分や他人を責めるのではなく、寛容に考えること。

例えば、大きな失敗をした友人に接するときは、少し寛容さを示したり、理解したり、励ましたりする傾向がある。

この種の態度を内側に(つまり自分自身に)向けることをセルフコンパッションと言い、近年かなり集中的に研究されている分野になっている。

yuchrszk.blogspot.com

yuchrszk.blogspot.com

自尊心との違い

自尊心は、自分と他者との比較評価を含む傾向がある。

これに対し、セルフコンパッションは自分も他人も批評しない。

挫折を味わった後に自分自身の幸せと回復のことだけを純粋に考えることによって、自分には価値があるという感覚を生み出す。

セルフコンパッションのレベルが高い人に見られる3つの行動

  1. 自分の失敗や誤りに対して批評せず、寛容である。

  2. 人は誰でも失敗するということを受け入れる。

  3. しくじったり目標を達成できなかったりした場合に、マイナスの感情に対してバランスの取れた(自分が残念な気持ちになることを受け入れるが、マイナスの感情に支配されない)アプローチを取る。

この3つの行動をよく取れる人ほど、自己改善のモチベーションが高く、強いオーセンティシティ(自分に嘘偽りがない感覚)を示す傾向があるらしい。

成長のマインドセット

セルフコンパッションは、成長のマインドセットを支える大事な基盤になる。

成長マインドセットは人生の価値を向上させる重要な考え方であるので、合わせて習得していきたい。

落ち着こうとしてはいけない

先日読んだORIGINALS という本の「PART.8 どんな荒波もしなやかに乗りこなせ」にも、プレゼン前に読んでおいて良かった内容が書かれていた。

「落ち着け」というアドバイスは間違い

一般に人が恐れる対象として、「死」よりも多くあげられるものが一つある──大勢の前で話すことだ

アダム・グラント. ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.4130-4131). Kindle 版.

自分も、いざ発表の日が近づくとかなりの不安にさいなまれた。

  • うまく話せないんじゃないか
  • 時間オーバーするんじゃないか
  • つまらないと思われるんじゃないか
  • 一部の人から反感を買うんじゃないか

などのネガティブ感情がやはり出てくるので、ちょっとずつ資料を修正したり、前日に通しで練習して時間感覚はどんなもんなのかを確認した。

スピーチの前に無作為に大学生を振り分け、「私は落ち着いています」、または「私は興奮しています」のうち、いずれかを声に出していってもらった。

「落ち着いている」か「興奮している」かという、それだけの違いで、学生のスピーチの質は大きく変わった。

自分の感情を「興奮している」とした学生のスピーチは、「落ち着いている」とした学生のものよりも説得力が一七パーセント高く、自信は一五パーセント高いと評価された

アダム・グラント. ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.4139-4144). Kindle 版.

この本に書かれている通り、発表直前に「自分は興奮している」と何度も言い聞かせてみたところ、確かに効果があったのかもしれない。

自分は人前で話す機会も少なくて苦手意識が大きいのだけども、先日の発表では緊張でしどろもどろになるようなことはなく、その場のアドリブでの説明も結構できた気がする。

まあ、発表を聞いてた人がどう思ってたのかは正直分からないので、アンケートの結果を見てものすごく悲しくなるかもしれないけれど、そこはセルフコンパッションを使って自分で自分を責めないでいようと思う

このけんすうさんのツイートは結構メンタルに良い考え方だと思うので、他人からどんなネガティブ・フィードバックもらっても、しょうがないなと感じよう。

「英語多読」、スライムやおおがらすなどの雑魚敵を楽しく狩ってレベル上げしていけ

英語多読」、Kindle Unlimited にあったのでざっと読んでみた。

多読の3原則

この本では、多読の3原則として以下をあげている。

  1. 辞書は捨てる
  2. 分からないところは飛ばす
  3. 自分に合わないと思ったら投げる

まず、楽しめることが一番大事な条件。楽しいと、自然と量が増えて質に繋がってくる。

ただし、最初はこども向けのやさしい本から始めて、次第にレベルを上げていくことが前提。

無理をせず楽しみながら「多読」を続けることによって、吸収量を劇的に増やすことができ、それまで多くの人が持っていた英語に対するコンプレックスや誤解が次第に解けていく。

このTED動画でも同じようなことを言っていた

www.ted.com

辞書を捨てて本当に良いのか?

この本ではとにかく、量を読めば結果がついてくるというテーマがあるため、イテレーションを遅くする辞書は捨てて、分からないところは飛ばすことを推奨している。

とはいえ、分からない言葉だらけだと楽しくなくなってくるので、楽しくなくなってきたら3原則の3つ目の「投げる」を実行して違う教材を選ぶ。

ドラクエでいうところの、レベルが低いうちはスライムやおおがらすなど弱いやつを楽しく狩ってレベル上げしていけって感じ。

Oxford Owl

そんなスライムレベルの英語教材は、Oxford Owlというサイトに無料で転がっているとのこと。

tadoku.org

試しに登録して、読んでいってみよう。

この本には何度も「優しすぎると思うくらいの教材から始めて慣れさせるのが大事」と書いているので、まずはそれに従っていくことにする。

Netflix のアニメを音声英語にする

Netflixでは日本アニメでもかなりの数が英語音声対応されている。

eigolab.net

ここに載ってある「キルラキル」や「はたらく細胞」あたりも好きなので、英語音声で観てみようと思う。

まとめ

こちらのツイートも同じようなことを言っていて参考になった。

7月から始めた、GDCの資料や動画を英語で見るのは楽しいのでこれは今後も続けていこうと思うものの、正直難しい内容も多い。

YoutubeNetflixも活用して、もっとライトに、大量に楽しめる英語コンテンツにどんどん触れていこうと思う。