kidoOooOoooOOom

IT系で開発やってます

mongodb設定周りメモ

パラメータの設定方法について。
mongod( or mongos)起動時に、コマンドライン引数か config ファイルで設定する。両方に同じパラメータの設定があった場合、configファイルが優先される。

$ mongod --plogappend true --verbose
  • configファイルの場合

まず、/etc/mongod.cnf ファイルを用意しておき、

$ mongod --config /etc/mongod.cnf

で読み込み。


今回メモったパラメータは下記の通り。

パラメータ名 説明 デフォルト値
dbpath DBファイルを格納するディレクトリのパス。 /data/db
port 待ち受けポート番号 27017
logpath ログ出力先 標準出力
logappend ログに追記するかどうか flase
directoryperdb データベースごとにデータファイルを作るかどうか false
pidfilepath pidファイルのパス。指定しないとpidファイルが作られない none
rest restインターフェースを有効にするかどうか。http://localhost:28017/{db_name}/{collection_name}/ で GETするとJSONが返ってくる false
journal trueだとジャーナルを確実に永続化し、一貫性を保つ。一貫性を保証しなくてもよい場合は、nojournal=trueとしてジャーナルを無効にする。パフォーマンスとのトレードオフで選択する。 (64bit)true, (32bit)false
configdb mongos用パラメータ。使用するconfig dbのホスト名を書く